オリジオとインモードの違いは?

美容の先進治療に興味をお持ちの方は、オリジオとインモードの違いについて気になるのではないでしょうか。

共通点が多い両機ですが、違う点もたくさんあります。そこでこの記事では、オリジオとインモードの違いに焦点を当てて、特徴や料金などを紹介していきます。

どちらを受けようか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

オリジオとインモードの違い比較表

オリジオとインモードの治療方法や照射範囲、効果の違いについて紹介していきます。

項目オリジオインモード
治療方法高周波エネルギー高周波エネルギー・吸引
照射範囲真皮層など浅い層真皮層など浅い層・脂肪層
期待できる効果引き締め・シワたるみの改善・肌質改善小顔・リフトアップ・小じわ・二重顎・肌のたるみの改善

オリジオは美容大国の韓国で開発・製造されている美容機器で、高周波のエネルギーを照射して美肌に導いていくものです。

真皮層など皮膚の浅い層をターゲットにして高周波を照射することで、コラーゲンやエラスチンなどの美容成分の生成を促します。この作用によって、肌を引き締めてシワなどのお肌の悩みを改善していきます。

また、コラーゲンの生成が増えて肌質が改善されるので、若々しいふっくらとしたお肌を復活させることも可能です。

一方のインモードは、イスラエルのインモード社と日本人医師が共同で開発した美容機器です。日本人医師が開発に加わっているので、日本人に合わせた方法で施術ができます。

インモードの大きな特徴は「フォーマ」と「ミニFX」という2つのモードによって治療ができるところです。

フォーマとは高周波エネルギーを真皮層に照射して、熱エネルギーによってコラーゲンやエラスチンの生成を促すモードです。人の肌は40度を超えるとコラーゲンやエラスチンなどの生成が促進されます。

フォーマでは42~43度程度を目標にして肌の温度を上げていくので、引き締め効果や小じわやたるみの改善が期待できます。

ミニFXとは皮膚を吸引しながら高周波エネルギーを照射するモードです。2000ボルトのナノ秒RFパルス波を照射することで脂肪細胞を破壊し、皮下脂肪を減少していきます。

脂肪を減らせるので、小顔効果が期待できます。なお、破壊された脂肪細胞は老廃物として排出されるので、リバウンドしてしまうリスクがかなり低いです。

つまり、2つのモードを使えば、さまざまなお肌の悩みにアプローチが可能です。

オリジオとインモードそれぞれがおすすめな人の特徴

オリジオとインモードそれぞれ治療方法が似ていますが、同じではないのでおすすめ機器は人によって違います。

オリジオがおすすめな人の特徴は以下のような人です。

・お肌の引き締めを希望する方
・ダウンタイムが心配な方
・忙しくて頻繁にクリニックに通えない方

オリジオがおすすめな人は、お肌の引き締めを希望していて美容治療のダウンタイムが心配な人です。オリジオは皮膚に負担をほとんど与えない治療が可能ですので、痛みがなくダウンタイムもほとんどありません。

少し赤みが出るくらいで、施術当日にメイクができるくらい影響はないでしょう。

また、オリジオは1度の施術で効果が実感でき、その効果は6~12ヶ月持続します。そのため、忙しい人にもおすすめです。

インモードがおすすめな人の特徴は以下のような人です。

・小顔になりたい人
・日本人に合った美容機器で治療を受けたい人

インモードはリフトアップだけでなく、脂肪吸引ができるので小顔になりたい人におすすめです。特にインモードは「フォーマ」で高周波エネルギーを照射して熱を加えた後で脂肪吸引をするので、高い小顔治療効果が期待できます。

また、日本人医師が開発に携わっているので、インモードは日本人の肌質に向いているのが特徴です。そのため、他の機器と比べて効果が出やすかったりダウンタイムが出にくかったりするメリットがあるでしょう。

美容治療を受けるとダウンタイムが出てしまうとお悩みの人には、インモードはかなりおすすめです。

オリジオとインモードの料金についての違い

オリジオとインモードでは、それぞれ料金に違いがあります。ここではそれぞれ1回分の顔全体の料金について紹介していきます。

項目オリジオインモード
料金相場約100,000~300,000円約50,000〜100,000円

オリジオの1回の施術料金は、おおよそ10~30万円程度です。

ハイフやポテンツァなど他の美容機器と比較すると、1回当たりの料金が高いです。クリニックにもよりますが、顔全体300ショット打つには、ある程度まとまったお金が必要でしょう。

ただし、オリジオは1回施術すると長く効果が持続するので、長い目で見ればコストが抑えられる可能性があります。

インモードの1回当たりの料金は、おおよそ5~10万円程度です。

他の美容機器と同程度の料金で施術ができるので、美容医療の施術経験がある方は抵抗なく受けられるでしょう。興味がある方はインモードを導入しているクリニックを探してみてください。

ダウンタイムや効果期間についての違い

オリジオとインモードにはダウンタイムについてはほとんど違いはなく、どちらもほとんど心配がありません。

メスで切ったり傷つけたりする治療方法ではないので、皮膚に与えるダメージは最小限に抑えられます。そのため、基本的には赤みが出る程度で、出たとしても1~2日で治まります。

ダウンタイムがないので、施術直後からメイクや洗顔ができてお風呂に入ることも可能です。

ただし、体質や体調などによっては腫れたり内出血が出たりします。しかし、赤みと同様に数日で治まるのが一般的ですので、ほとんど気にならないでしょう。

項目オリジオインモード
ダウンタイムほとんどないあまりない

痛みについての違い

オリジオとインモードは痛みについても違いはほとんどありません。

どちらも高周波エネルギーを真皮層に届ける治療法ですので、基本的には痛みを感じることはほとんどないでしょう。

ただし、熱エネルギーを照射するので、熱いと感じることはあります。しかし、ポテンツァのようにマイクロニードルを用いないので、チクッとするような痛みはありません。

痛みに弱いという方は、どちらもおすすめできる治療方法です。

なお、どうしても痛みが怖いという方は、カウンセリング時に医師に相談してみてください。オプションで麻酔クリームを塗布して治療をしてもらえます。

項目オリジオインモード
痛みほとんどないほとんどない

効果を保てる期間や施術頻度についての違い

オリジオとインモードは、効果の持続時間が若干違います。オリジオは効果の持続時間の目安は6~12ヶ月ですが、インモードは約6ヶ月程度です。

オリジオは1回施術を受ければ長い間効果を実感できるので、メンテナンスにかなり余裕を持てるようになります。また、効果が長く続くので、施術頻度は1年に1~2回程度で十分です。

効果が薄くなってきたと感じたタイミングで施術を受ければ良いでしょう。

一方のインモードも基本的には効果が長続きするので、引き締まった顔をずっと維持できます。ただし、オリジオと違うところは、はじめは2~4週間に1セット計3回受けることが推奨されているところです。

1回の施術でも効果を実感できますが、短いスパンで複数回受けた方が、より大きな変化を実感できるのでおすすめされています。その後は半年に1回程度のメンテナンスで、十分に美しいお肌を維持できるでしょう。

項目オリジオインモード
効果の持続期間6~12ヶ月約6ヶ月
おすすめの施術頻度1年に1~2回2~4週間に1セットを3回程度。その後は半年に1回程度