エリシスセンス(マイクロニードルRF)|大阪・梅田のビューティスクリニック

シワやたるみが気になるという方は、エリシスセンスに興味を持っているのではないでしょうか。

ポテンツァの次世代機・進化版と呼ばれていて、お肌のさまざまな悩みを解決できます。そこでこの記事では、エリシスセンス(マイクロニードルRF)とはどのような美容機器なのか、詳しく解説していきます。

エリシスセンスに興味があって性能を知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

エリシスセンスとは?特徴も紹介

エリシスセンスとは、マイクロニードル(極細針)を肌の表皮や真皮に挿入して、高周波エネルギー(RF)を照射するマシンです。

肌は高周波エネルギーによって刺激を受けるとコラーゲンの再生が促されるので、肌質やシワを改善させたりたるみを解消してリフトアップしたりします。

肌の深部を刺激して肌質を改善するだけでなく、ニードルから美容に効果的な薬剤の注入が可能です。そのため、今までの施術よりも高い効果が期待できます。

また、ポテンツァでは基本的に目元の施術ができませんでした。目元のシワやたるみが気になる方は、別に他の施術を受けなければなりませんでした。しかし、エリシスセンスは「真空サクション」という技術によって目元の施術が可能なので、顔のどこに悩みがあっても解決できるのが特徴です。

さらに、エリシスセンスには「ダブルショット」という独自に特許を取得した技術があります。ダブルショットは1度のショットで2つの異なる皮膚層に高周波エネルギーを伝えられる技術のことです。

この技術により肌へのダメージが抑えられるので、痛みやダウンタイムの影響も小さくできます。ポテンツァから進化したエリシスセンスは、かなり魅力的な治療機器といえるでしょう。

施術を希望する場合は、まずはカウンセリングの予約が必要です。カウンセリングは基本的に無料で受けられる場合が多いので、気軽に利用できます。

予約日に来院すると、専任の美容カウンセラーによるカウンセリングを受けます。お肌の悩みや施術の不安や疑問点など、思っていることや感じていることを相談すると良いでしょう。

麻酔をした後、カウンセリングを基に患者様のお肌の状態にあった出力での治療が始まります。無事に施術が終わればアフターケアや生活上の注意点の説明を受けて、次回の治療を希望する場合は予約をして終了です。

エリシスセンスは妊娠中や授乳中、体調が悪い方など、施術ができない場合があります。しかし、基本的に誰でも治療を受けられるので、気になる方はエリシスセンスを導入しているクリニックに問い合わせてみてください。

ここまではエリシスセンスの特徴を説明してきましたが、次は気になる施術時間やダウンタイムについて紹介していきます。

施術時間の短縮

エリシスセンスを利用するメリットは、施術時間を大きく短くできることです。

すでに特徴で触れた通り、エリシスセンスには特許技術のダブルショットがあります。今までは2つの皮膚層に刺激を加えたい時は、2回以上の照射が必要でした。ところが、エリシスセンスは1回のショットで異なる皮膚層に高周波エネルギーを照射できるので、施術時間を短縮できます。

施術内容にもよりますが、ポテンツァの場合は一般的に施術時間は30分程度かかっていました。ところがエリシスセンスなら、15~20分程度に短くできます。

どちらも麻酔をする時間があるのでトータルの時間は少し長くなります。しかし、機器を使った施術時間はかなり短縮されるので、施術のハードルがグッと低くなるでしょう。

ダウンタイムが短い

エリシスセンスはダウンタイムが短いことが特徴です。

エリシスセンスはダブルショット機能が搭載されているので、従来の機器と比べて針を打ち込む回数が少なく済みます。その分お肌へのダメージや負担が少ないので、ダウンタイムも短くなります。

ポテンツァのダウンタイムは1~3日程度あるのが一般的です。しかし、エリシスセンスはひりつきや赤みなど軽い症状であれば当日で、皮がむける症状であっても翌日には目立たなくなることが多いでしょう。

美容施術はダウンタイムが不安という方は、エリシスセンスはかなりおすすめです。

痛みが少ない

エリシスセンスは施術中の痛みが少ないことも特徴として挙げられます。

従来の機器は超極細の針ではあるものの顔に直接ニードルを2回3回と何度も刺すので、麻酔をしていても徐々に痛みが強くなってしまいました。

しかし、エリシスセンスはダブルショットによって1回のショットで2つの皮膚層に高周波エネルギーを照射できます。そのため、痛みを感じる回数が少なく、痛みへの耐久時間も短くできます。

美容に深い悩みがあったとしても、施術中に強い痛みがあるとハードルは高くなってしまいます。しかし、痛みが少ないエリシスセンスなら治療を受けやすいのではないでしょうか。

マイクロニードルRFとは

マイクロニードルRFとは、超極細の針を肌に刺入して肌の表面に小さな傷をつけて、体の自ら治そうとする力を利用して美肌を促す施術です。体が傷を治そうとする際に肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンの生成が促されるので、肌に本来の美しさが戻りやすくなります。

またマイクロニードルの先端から高周波エネルギーを出力できます。高周波を肌に入れると刺激が強いように感じますが、ポイントは真皮深部など刺激を与えたい部位にのみにエネルギーを伝えられるところです。

狙った部位だけにエネルギーを伝えるので、ダウンタイムを最小限に抑えられます。また、真皮層は皮膚の本体ともいえる部位で、見た目に深く影響を与えています。コラーゲン繊維やエラスチンなどの繊維群からできていて、肌のハリや弾力の源です。

マイクロニードルRFは刺激を与えたい部位にのみエネルギーを的確に与えられるので、肌本来の美しい状態に導けます。

エリシスセンスのハリの種類

エリシスセンスは基本的に施術の目的に応じて針を使い分けて施術を行います。主に「1PIN」「25PIN」「49PIN」の3種類です。ここではそれぞれの違いについて紹介していきます。

1PIN

1PINとは、皮脂腺をターゲットにしたピンです。他の2つのものでは対応できないので、特別に作られています。

主に難治性のニキビや汗管腫、ミリア、毛穴の黒ずみやクレーター、下瞼の脂肪などの治療に対して効果的です。

25PIN

25PINとは、真皮層をターゲットにしたピンです。

先端部分から高周波エネルギーを照射して真皮層のみを狙うように作られているので、表皮へのダメージを抑えられます。また、49PINに比べて痛みが少なく、ダウンタイムも短いです。

主にニキビ跡、手術跡、毛穴、傷跡、肌の凹凸、小じわ、お肌のたるみなど、幅広く肌質の改善ができるので、基本的な肌の悩みは25PINで解決できるでしょう。

49PIN

49PINとは、表皮層と進歩層の両方をターゲットにしたピンです。

マイクロニードル全体から高周波エネルギーを照射するので、広い範囲に強い刺激を与えられます。刺激が強いので、施術中の痛みが強くダウンタイムが長くなりやすいでしょう。

しかし、強い刺激を肌に与えるので高い効果が期待でき、1回の治療効果も高いです。

主に化膿・結節性ニキビや、深いしわ、深い傷、25PINでは効果が感じにくかった症状などに有効です。

エリシスセンスの薬剤について

エリシスセンスにはドラッグデリバリー機能があるので、ニードルで刺した箇所に薬剤を浸透させられます。この薬剤によって、エリシスセンスの治療効果をさらに高められます。

ここでは主に使われている薬剤を紹介していくので、参考にしてください。

トラネキサム酸

トラネキサム酸とはアミノ酸の一種で、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果がある成分です。

美白効果が高いので、化粧品や外用薬として広く使用されています。そのため、見聞きして馴染みがあるという方は多いのではないでしょうか。

シミで起こっている炎症を防ぎ、美肌効果を高めたいという方におすすめです。

ボトックス

ボトックスとは、ボツリヌス菌から産生される神経毒素をごく微量含んだものです。ただし、天然のタンパク質からできた毒素を分解したものですので、ボツリヌス菌は含まれていません。

主に筋肉をリラックスさせてエラ部分のボリュームを抑えてスッキリとさせるのに使われていて、ボトックス注射が有名です。

エリシスセンスでは表皮から真皮層に薬剤を浸透させて、筋肉の表面繊維の働きを抑えます。そうして自然な表情を維持して、小じわを改善させたり毛穴を引き締めたり、リフトアップを実現したりします。

エクソソーム

エクソソームとは、細胞から分泌される直径50~150ナノメートルの小さな顆粒状の物質です。

エリシスセンスで肌に浸透させることで、肌細胞が活性化してターンオーバーが正常化します。細胞の保水力が高まったりバリア機能が高まったりするので、若々しい肌を作り上げられます。

主な効果としては、シワやたるみを改善させたり、肌にハリとツヤを与えてキメを整えたりする効果が期待できるでしょう。また、ニキビやニキビ跡の改善にも有効です。

リジュラン

リジュランとは、サーモンから抽出されるポリヌクレオチドを有効成分とした細胞の再生と成長を促す薬剤です。

エリシスセンスで皮膚真皮層に浸透させれば、コラーゲンやヒアルロン酸などを増加させられます。すると組織細胞の再生が促されて、肌の弾力や保湿力、ハリの回復、くすみの改善などが期待できます。

リジュランのメリットは、細胞に働きかけるので効果が薄れることはないことです。回数を重ねれば若々しいハリや弾力を実感できるでしょう。

マックーム

マックームとは、ポテンツァで導入する薬剤として開発されたポリ乳酸製剤です。

真皮に浸透させれば、コラーゲンの生産を促すことができるので、小じわやニキビ跡、毛穴の開きなどを改善できます。また、皮膚の弾力の回復や凹みなどにも効果的です。

特にマックームのコラーゲン生産効果は長期間続くので、美しい肌の維持に期待ができます。

ジュベルック

ジュベルックとは、非架橋型ヒアルロン酸とポリ乳酸を組み合わせた次世代型の薬剤です。

非架橋ヒアルロン酸は肌の保湿力を高める効果があり、ポリ乳酸は繊維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を促します。両方の効果により、毛穴の開きやたるみが引き締まったり小じわが改善したり、肌にハリや弾力が戻ってきたりします。

また、ジュベルックは効果の持続が長いのが特徴です。体内に入った後は1~2年かけてゆっくりと水と二酸化炭素に分解されていきます。そのため、安全性が高く、かつ持続力が長いといえるでしょう。

エリシスセンスと他の施術との違いは?

エリシスセンスは優れた美容治療ですが、他の施術とはどのような違いがあるのでしょうか。ここではエリシスセンスとダーマペン、ハイフについて、表にしてまとめておりますので参考にしてみてください。

エリシスセンスダーマペンハイフ
仕組みマイクロニードルを挿入して皮膚に小さな穴を開けて刺激を与えることでコラーゲンの生成を促して美肌に導く。ステンレス製極細針で肌に無数の小さな穴をあけ、本来の再生力を引き出し滑らかな肌を作る。高密度超音波を肌の表面からあてて肌の内部にダメージを与えて、回復力を引き出して肌を引き締めていく。
効果毛穴・ニキビやニキビ跡・肌トーン・たるみニキビ・毛穴・くすみ・小じわ・クレーター・色素沈着たるみ・しわ・小顔効果
アプローチできる深度0.5から3.5mm2.5mmから3.0mm1.5mmから4.5mm
適応部位目元を含めて顔全体顔や身体
ダウンタイム1~2日1~2日ほぼない
痛み痛みが少ない痛みがある痛みを感じることがある
頻度約1ヶ月おき約1ヶ月おき約6ヶ月おき

施術方法が変われば、効果や適応部位、ダウンタイムなども変化します。表を見比べて、自分に適しているものを選んでください。

エリシスセンスの料金

気になるエリシスセンスの料金について紹介していきます。顔全体の場合の相場は以下の通りです。

回数料金(税込)
1回58,000円
3回174,000円
5回290,000円

この料金にプラスして、オプションで麻酔代や薬剤の料金が加わります。

麻酔代に関しては1回当たり3,000円程度が多いです。薬剤に関しては種類によって料金が全く違います。一般的にトラネキサム酸やボトックスは費用が低めですが、リジュランやエクソソームは高いです。

オプションによって期待できる効果や料金が変わるので、カウンセリングの際にスタッフの方と相談するのがおすすめです。

なお、クリニックや時期によっては通常価格よりも大幅に費用を抑えて施術してもらえる場合があります。そのため、エリシスセンスの施術をお考えの方は、クリニックのホームページで料金を調べると良いでしょう。

エリシスセンスの治療期間について

エリシスセンスの治療期間は、症状や程度、オプションでつける薬剤の効果などによって変わります。そのため、個人差があって「いつまで」とはいえません。

しかし、ポテンツァの次世代機といわれているので、従来の機器と比べて高い効果が期待できます。多くの方は1回の施術で効果を実感できますが、複数回の治療がを希望する方もいます。

通常は2回目以降の治療間隔は1ヶ月が目安です。単純に計算して、2回の施術であれば治療期間は約2ヶ月で、3回であれば約3ヶ月です。

治療間隔に関しても個人差があるので、複数回の治療を希望する場合は医師と相談のうえ決めてください。

エリシスセンスの注意点

エリシスセンスには押さえておかなければならない注意点があります。ここでは安心して施術後を過ごすための注意点について紹介していきます。

入浴や洗顔について

エリシスセンスの施術を受けた後は、入浴や洗顔には注意が必要です。

施術後の肌はマイクロニードルによって小さな傷ができているので、かなり敏感な状態です。そのため、ある程度状態が収まるまでは刺激は控えなければなりません。

例えば、入浴は当日から可能ですが、患部に対してシャワーがかからないようにしましょう。患部へのシャワーは翌朝からできますので、可能であれば翌朝以降に入浴をするのがベストです。

また洗顔に関しても、患部への刺激を避けるために当日は控えるのがおすすめです。薬剤の浸透を考えても、最低でも施術後12時間は空けた方が良いでしょう。

刺激を抑えて施術の効果を最大限t高めるためにも、入浴と洗顔には注意してください。

メイクや基礎化粧について

エリシスセンスに興味を持っている方なら、施術後のメイクや基礎化粧も気になると思います。

施術後の肌はかなり敏感になっているので、メイクに関しては翌日(24時間後)までは控えてください。

基礎化粧に関しては、施術後6~7時間後から使用ができます。ただし、まだ肌は通常の状態ではないので、低刺激のものに限られます。肌に優しい化粧水や美容液、乳液などで保湿すると良いでしょう。

施術後のスキンケアは大切ですが、クリニックによっては施術後の保湿剤を禁止している場合があります。そのため、施術後のスキンケアはクリニックの指示に従ってください。

日焼けについて

エリシスセンスの施術を受けた後は、日光に当たらないようにしましょう。

敏感な肌に紫外線が当たると、赤みが出たり色素沈着を引き起こしたりします。特に色素沈着するとシミになる危険性があり危険です。

施術後は日焼け止めを塗ったり日傘を用いたりして、紫外線を極力浴びないようにしてください。

ちなみに、室内であったとしても窓を通って紫外線は入ってきます。そのため、家の中でも日焼け止めを塗ることをおすすめします。

飲酒について

エリシスセンスの施術後24時間は飲酒を控えるようにしてください。

例えば、お酒を飲むと血行が良くなって汗をかきやすくなります。汗は皮膚への刺激となるので、肌を傷めてしまいます。そのため、施術した日はお酒を飲まないようにしてください。

また、サウナや激しいスポーツ、長風呂なども血行を良くする行為です。血行促進が肌へのダメージとなり、施術後の赤みや腫れを助長してしまいます。施術後はできるだけ肌に刺激になるような行為を避けるようにしてください。