オリジオとポテンツァの違いは?同時に実施する効果も

美容治療で人気があるオリジオとポテンツァですが、どのような違いがあるのかご存じでしょうか。実は施術方法や料金、施術頻度などに大きな違いがあります。

また、機器の特徴の違いを利用して同時に施術することで、より高い効果を得ることが可能です。この記事ではオリジオとポテンツァの違いや同時施術による効果などについて詳しく紹介していきます。

オリジオやポテンツァでより美しい肌を手に入れたいという方は、ぜひ参考にしてください。

オリジオとポテンツァの違い比較表

オリジオとポテンツァにはそれぞれ共通点と相違点がありますので、それぞれの特徴を紹介していきます。

どちらも同じ高周波エネルギーを用いて治療をする機器ですが、ポテンツァはマイクロニードルを使う点で大きく異なります。

オリジオは専用のチップを肌に当てて、そこから高周波エネルギーを照射して真皮層に熱エネルギーを届けるのが特徴です。一方のポテンツァはマイクロニードルを皮膚に刺して、ニードルの先端から高周波エネルギーを照射します。

エネルギーを照射する皮膚層は共通していて、どちらも真皮層などの浅い層がターゲットです。真皮層に熱エネルギーを伝えることで、コラーゲンの生成を促してハリや弾力がある肌に導いていきます。

美容機器によっては目元や口元などの細かい部分の治療ができないものもありますが、どちらも目元と口元を含めて顔や首など顔全体に照射ができるのも共通の特徴です。

ただし、期待できる効果には違いがあります。オリジオは基本的には引き締めに高い効果が期待できる機器で、シワやたるみの改善に向いています。

一方のポテンツァはマイクロニードルで皮膚に目には見えない小さな傷をつけて、創傷治癒の力を利用した美肌治療です。傷を治そうとする過程で肌質改善だけでなくニキビや毛穴の改善ができます。

それぞれの機器には向き不向きがあるので、治療目的に合わせて使い分けることが大切です。もしたるみの引き締めと合わせて、ニキビや毛穴の改善もしたいという方は、オリジオとポテンツァの両方を同時に施術すると良いでしょう。

項目オリジオポテンツァ
種類高周波エネルギー高周波エネルギー・マイクロニードル
照射範囲真皮層など浅い層真皮層など浅い層
治療範囲顔・首・目元・口元顔・首・目元・口元
期待できる効果引き締め・シワたるみの改善肌質改善・ニキビ治療・毛穴の引き締め

オリジオとポテンツァそれぞれがおすすめな人の特徴

オリジオとポテンツァは治療方法が違うので、人によって向いている機器が異なります。そこでここではオリジオとポテンツァそれぞれがおすすめの人の特徴を紹介していきます。

まずはオリジオに向いている人は以下のような人です。

・お肌の引き締めを希望する方
・痛みに弱い方
・忙しくて頻繁にクリニックに通えない方

オリジオはお肌の引き締め効果が高いので、リジュビネーションを希望する方はオリジオが向いています。また、熱を感じる程度で痛みがほとんどないので、痛みに弱いという方もオリジオが良いでしょう。

オリジオは1回治療を受けると、効果が約6~12ヶ月持続するのが特徴です。そのため、頻繁にクリニックに通えない方はオリジオで治療をすれば、長い間お肌の悩みから解放されるでしょう。

次はポテンツァに向いている人は以下のような人です。

・肌質改善だけでなくニキビや毛穴の引き締めなどの治療もしたい方
・1回の治療費を抑えたい方

ポテンツァの治療は高周波とマイクロニードルの両方を使うので、複数の悩みに対して対応が可能です。例えば、ニキビ治療と肌質改善を同時にできます。そのため、いくつも悩みを抱えている方はポテンツァがおすすめです。

またポテンツァは1回の治療費がオリジオと比べると安いので、1回当たりの治療費を安く抑えたいという方はポテンツァが向いています。

オリジオとポテンツァの料金についての違い

オリジオとポテンツァの料金相場についての違いについて紹介していきます。なお、ここでの料金は顔全体を治療した場合の相場です。

項目オリジオポテンツァ
料金相場約100,000~300,000円約50,000〜100,000円

オリジオとポテンツァの1回当たりの治療料金を比べると、オリジオは10~30万円程度でポテンツァは5~10万円程度です。1回当たりの料金はオリジオが2倍近く高いのが特徴です。

オリジオを検討する場合は、ある程度のまとまったお金を用意しなければなりません。そのため、少し施術のハードルを高く感じる方も多いでしょう。一方のポテンツァは1回当たりの費用を抑えられるので、受けやすいです。

ただし、治療回数はオリジオの方が少なくて済む場合が多いのも特徴です。トータルでいくらかかるのかも重要ですので、カウンセリングで料金の目安についても相談しておくと安心できるでしょう。

ダウンタイムや効果期間についての違い

美容治療ではダウンタイムが気になるという方が多いです。ここではオリジオとポテンツァにはダウンタイムがあるのかやその期間について紹介していきます。

オリジオの大きな特徴の1つは、ダウンタイムがほとんどないところです。高周波を皮膚の内側に当てて熱を発生させますが、ダメージをほとんど与えません。そのため、ダウンタイムが発生する心配はあまりないでしょう。

人によっては赤みが出る場合がありますが、通常は1~2日程度で治まります。敏感肌の人でも安心して受けられます。

一方のポテンツァはマイクロニードルを用いた治療です。髪の毛よりも細い針ですが、意図的に皮膚に傷をつけるのでダウンタイムがあります。

ダウンタイムの症状は人によって違いますが、赤みや腫れ、皮膚の剥けなどです。症状が出たとしても約1~2日で自然に治っていく場合がほとんどです。1~2日のダウンタイムですので、それ程気になる期間ではないでしょう。

ただし、カサブタを掻いたり治療箇所を触ったりしていると、悪化する恐れがあります。症状が出ても触らないようにしてください。

項目オリジオポテンツァ
ダウンタイムほとんどない約1~2日

痛みについての違い

オリジオとポテンツァは治療方法が違うので、痛みの生じ方に違いがあります。ここでは痛みについて紹介していきます。

オリジオは高周波を皮膚内部に照射する治療法です。熱いと感じることはあっても、痛みを感じることはほとんどないでしょう。強力な冷却機能が搭載されていて、高周波を照射しながら皮膚表面を冷ましてくれます。そのため、多くの人は何も感じないまま施術が終わる場合が多いです。

痛みに弱いという方でも、オリジオであれば安心して受けられます。

一方のポテンツァは、マイクロニードルを皮膚に挿入して高周波を照射する治療法です。超極細ではありますが、針を刺すのでチクッとした痛みを感じるでしょう。

ただし、クリニックでは麻酔クリームを塗布してもらうことが可能です。痛みに弱いという方は、麻酔をしてもらえば痛みを軽減できます。心配があるという方は、カウンセリングで麻酔について相談をすると良いでしょう。

項目オリジオポテンツァ
痛みほとんどないある

効果を保てる期間や施術頻度についての違い

オリジオとポテンツァとでは、効果の現れ方や効果の期間が違います。効果の期間が違うので、おすすめの施術頻度にも違いがあります。ここではそれぞれの効果の持続期間やおすすめの施術頻度について紹介していきますので、参考にしてください。

項目オリジオポテンツァ
効果の持続期間6~12ヶ月約12ヶ月
おすすめの施術頻度1年に1~2回1~3ヶ月に計3回

オリジオを1回受けると、効果は6~12ヶ月程度持続します。

施術後すぐにコラーゲンが再生されていき、2~3ヶ月かけて徐々にたるみやシワが改善していきます。個人差はありますが、通常は1年近く効果を実感できるでしょう。

特に年齢が若い人は新陳代謝が活発でターンオーバーが整っているので、より効果が長持ちしやすいです。

効果の持続期間が長いので、施術の頻度は1年に1回が一般的です。もし効果が薄くなってきたと感じれば、そのタイミングで2回目を受ければ良いでしょう。

一方のポテンツァの持続期間は、治療が完了すれば12ヶ月程度です。

ポテンツァは1回の施術でも効果を実感できますが、通常は1~3ヶ月に1回、計3回程度の治療を受けるのが一般的です。回数を重ねるごとに効果が高まり、持続期間が長くなります。

3回受けると、約12ヶ月程度効果を実感できるでしょう。

どちらについてもいえますが、効果の持続期間を延ばすには普段の生活が大切です。例えば、丁寧なスキンケアをしたり紫外線対策をしっかりとしたりして、お肌に負担をかけないようにすることが重要です。

適切にスキンケアをすれば、美容治療で導かれた美肌を長い間持続できるでしょう。