本ページはプロモーションが含まれています。

エリシスセンスの肝斑への効果は?副作用や施術間隔などは?

顔にできた肝斑が気になっている方は、エリシスセンスが効果的なことをご存じでしょうか。ポテンツァの次世代機といわれていて、今までよりも安心してお肌を綺麗に導けます。

ただ、副作用や注意点も気になるところでしょう。この記事ではエリシスセンスの肝斑への効果や副作用、施術間隔、料金などをトータル的に説明していきます。

肝斑をエリシスセンスで治そうと思っている方は、参考にしてみてください。

エリシスセンスの肝斑への効果は?

エリシスセンスとは、マイクロニードルを皮膚に刺して高周波(RF)の熱エネルギーを照射する美容機器です。肌のハリ感や弾力アップ、ニキビ跡やクレーターの改善、肌質改善効果などが期待できます。

エリシスセンスの特徴は、マイクロニードルを刺す治療法を採用しているところです。超極細の針なので皮膚へのダメージを最小限に抑えつつ、真皮層を刺激してコラーゲンやエラスチンなどの美容成分の生成を促します。

ポテンツァと比べて注目されているのが、特許技術のダブルショット機能です。ダブルショット機能とは、一度のショットで2種類の異なる皮膚層に高周波を届けるシステムのことです。

これにより、肌の複数の層に対して等しい熱エネルギーを伝えられます。また、治療にかかるショット数を減らせるので、皮膚へのダメージを従来機と比べて大幅な軽減が可能です。

他にも、エリシスセンスには真空サクションという機能もあります。お肌に機器をあてた時に、吸引してマイクロニードルを挿入するシステムです。これにより、ニードルの挿入時に肌と密着させられるので、より正確にショットがうてて的確に高周波エネルギーを肌に行き渡らせられます。

つまり、エリシスセンスは従来機と比べて、一回当たりのショットが少なく済むうえに正確で効果がより高いといえます。そのため、肝斑で悩んでいた方やニードル治療の痛みに不安を抱いていた方におすすめです。

なお、エリシスセンスはポテンツァと同様に、ドラッグデリバリーシステムも搭載されています。肝斑にはトラネキサム酸やアスコルビン酸Naを含んだ薬剤が有効といわれています。そのため「レナトスTaプラス」や「トランサミン」などをオプションで追加すれば、より高い効果を期待できるでしょう。

エリシスセンスについてはこちらで詳しく解説しております。気になる方は参考にしてみてください。

肝斑とはどんなもの?

肝斑とは、目の下や頬、鼻の下などにできる薄茶色の色素斑のことです。メラノサイト(メラニン色素を生成する細胞)が過剰にメラニン色素を生成し、皮膚の表皮に沈着して現れてきた状態です。

メラニン色素は本来紫外線から身を守るために必要ですので、シミや肝斑がない人でも作られています。しかし、過剰に生成されたり沈着したりすると、シミや肝斑の原因になります。

特徴としては、左右対称にできることが挙げられ、顔の左側にできれば右側にも同じように現われます。まるでちょうちょが羽を広げたように見える場合が多いです。

また、女性ホルモンのバランスが乱れた時にできやすいので、生理前や妊娠、出産後、更年期にも現われやすいです。肝斑で悩む方が30歳後半ごろから増えはじめるのも特徴でしょう。

原因に関しては女性ホルモンや紫外線、生活習慣など、さまざまな要因が重なってできると考えられています。ただ、現在のところ完全には発生原因が分かっていません。

そのため、予防としては生活習慣を改善したり紫外線対策をしたりするのが有効です。

エリシスセンスで肝斑へどうアプローチされる?

エリシスセンスは、マイクロニードルから高周波エネルギーを表皮層の一番下にあたる基底層に直接照射します。基底層にあるメラノサイトに熱エネルギーを与えることで、メラノサイトの働きを抑えることが可能です。

するとメラニン色素の生成能力が鈍るので、肝斑ができにくくなります。何より肝斑の要因に直接作用するので、かなり効果が期待できます。

また、マイクロニードルを皮膚に刺すと創傷治癒を促して、ターンオーバーの正常化が可能です。するとメラニン色素が溜まりにくくなることも、肝斑には有効です。

さらに、エリシスセンスにはドラッグデリバリーシステムが搭載されているので、マイクロニードルから薬剤の挿入ができます。肝斑に効果が期待できる薬剤を使えば、メラニンの生成をさらに抑制できます。

エリシスセンスは「高周波エネルギー」「創傷治癒作用」「ドラッグデリバリーシステム」を駆使して、さまざまな角度からの治療が可能です。

エリシスセンスの副作用は?肝斑が悪化する恐れはある?

エリシスセンスによる肝斑治療は効果が期待できます。しかし、副作用はないのかも気になると思います。

結論からいうと、エリシスセンスの副作用はほとんど気になりません。

ダーマペンやポテンツァなどの従来のニードルを使った美容機器の場合、腫れや内出血が起こっていました。しかし、エリシスセンスの場合はダブルショット機能があるので、お肌への負担を最小限に抑えられます。

そのため、お肌の赤みや腫れなどが起こるリスクは小さくなっています。また、副作用の症状が出たとしても、数日で治まるでしょう。

また、ニードル治療で気になるのが、刺激によって肝斑が悪化してしまうことです。レーザー治療の場合は、肝斑を刺激して逆に濃くなったり再発させたり欠点がありました。

しかし、エリシスセンスには肝斑に適したチップがあるので、副作用によって肝斑を濃くしたり増やしたりすることはありません。

エリシスセンスの肝斑施術に対する施術間隔や回数は?

エリシスセンスで肝斑治療をする場合の適切な施術間隔は、2~4週間に1回程度の頻度で治療を受けることです。

お肌に悩みがある方は短期間で連続して治療を受けて、症状を改善させたいと思うでしょう。しかし、エリシスセンスの治療はメラノサイトの働きを鈍らせることでメラニン色素の生成を減らして、肝斑を薄くしていきます。

また、色素沈着抑制効果があるトラネキサム酸は皮膚に挿入してから効果が出るまでに2~4週間程度時間がかかります。即効性はないので、短期間の施術はお肌に負担がかかるリスクが大きいだけでおすすめできません。

治療回数に関しては、個人差がありますが5~6回程度が一般的です。2週間に1回のペースで治療をする方なら、早ければ3ヶ月程度で肝斑治療を完結できます。

エリシスセンスの肝斑施術のダウンタイムは?

エリシスセンスはお肌への負担が小さいので、副作用の心配はほとんどありません。しかし、マイクロニードルをお肌に刺すので、副作用の症状が出る可能性は十分に考えられます。

しかし、副作用は軽く収まるケースが多いです。エリシスセンスの肝斑施術後のダウンタイムの目安は以下の通りです。

症状ダウンタイムの期間
赤み1~2日
腫れ1~2日
内出血1~2日
化粧のりの悪さ数日から2週間程度
熱感や痒み数日から2週間程度
皮膚の剥け数日から2週間程度

皮膚が弱い方や体質によっては、副作用が酷く出てしまうケースもあります。しかし、患部を清潔に保ったり刺激を控えたりしていれば数日で治まる場合が多いです。

もし副作用が出たとしても患部を触ったりせずスキンケアをしっかりとしていれば、すぐに改善していくでしょう。

エリシスセンスの肝斑施術に関する注意点

エリシスセンスは医師が治療にあたるので、安全性が高いのが特徴です。しかし、施術を受けるにあたってはいくつか注意点があるので、いくつか紹介していきます。

例えば、マイクロニードルによる治療ですので、当日はメイクができなくなります。副作用が起こらなかった場合でも、メイクは12時間以上空けるようにしましょう。

そのため、施術後にメイクが必要な予定を入れないようにしてください。

洗顔や入浴に関しても、施術後12時間以上空けるのが良いでしょう。洗顔や入浴程度であれば皮膚への刺激は小さいのであまり問題ありませんが、薬剤の浸透に問題を生じさせます。

しっかりと薬剤を浸透させるためにも、洗顔や入浴は施術後12時間以上空けましょう。

可能であれば、メイクも洗顔も翌日以降にするのがおすすめです。

なお、エリシスセンスの治療は以下の方はできませんので、注意してください。

・妊娠中の方
・授乳中の方
・体調が悪い方
・感染症にかかっている方

エリシスセンスの肝斑施術にかかる金額・料金

エリシスセンスで肝斑を治療したい方は、施術料金が気になると思います。一般的な施術料金は以下の通りです。

回数施術料金(税込)
1回58,000円
3回174,000円
5回290,000円

肝斑治療は一般的に5~6回の施術が必要ですので、トータルで290,000円程度かかると考えられるでしょう。

ただし、この金額に加えてオプションで麻酔をかけるのであれば麻酔代がかかります。クリニックによりますが、1回当たり3,000円程度プラスされます。

また薬剤を利用するのであれば、導入薬剤の料金がかかります。薬剤によって料金は違うので、気になる方やカウンセリングで相談してみてください。

なお、エリシスセンスはキャンペーンによって割引価格で提供している場合があります。5~6回の施術が必要な肝斑治療の場合、割引価格で受けられればかなりお得になります。

検討している方は、いくつかクリニックを探してみてください。