エリシスセンスのたるみの効果は?副作用や施術間隔などは?

エリシスセンスはたるみに効果的と聞いたことはありませんか。実際美容機器のポテンツァの次世代機器といわれ、機能面や安全面などが高まっています。注目の美容機器として、人気も出てきています。

しかし、施術を検討している方でも、どのような機器で効果面だけでなく副作用や施術間隔などトータル的に知りたいでしょう。

そこでこの記事では、エリシスセンスのたるみの効果や副作用、施術間隔などを紹介していきます。安心して施術できるような構成になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

エリシスセンスのたるみ効果は?

エリシスセンスは1台でさまざまな効果が期待できるので、たるみに対しても有効です。

例えば、エリシスセンスは肉眼では確認できない程細いマイクロニードルを肌に刺して、創傷治癒の力を利用する美容機器です。創傷治癒とは、自らの力で傷を治そうとする人間の体に備わった力です。

傷を治そうとする時に肌のハリや弾力を左右するコラーゲンの生成が促進されるので、引き締め効果が期待できます。

本来持っている力を強化する仕組みですので、誰でも安心して治療ができるのが特徴です。

また、マイクロニードルを刺した時に、先端から高周波エネルギーを照射して熱エネルギーを伝えます。熱を加えることで真皮層にある線維芽細胞が活性化して、コラーゲンの生成が促進されてたるみが改善していきます。

コラーゲン繊維は熱を受けるとタンパク質変性を起こして収縮するので、即自的な引き締め効果も期待できるでしょう。

さらに、エリシスセンスには、薬剤を皮膚に浸透させるドラッグデリバリーシステムが搭載されています。ボトックスやリジュランなどたるみに効果的な薬剤を使えば、治療効果をさらにアップさせられます。

エリシスセンスに関しては「こちら」で詳しく解説しております。エリシスセンスが気になるという方は、合わせて読んでみてください。

たるみとはどんなもの?

たるみとは、肌の真皮層の構造が緩むことでハリや弾力が低下して、皮膚が垂れ下がってしまう状態のことです。

たるみを引き起こす要因は1つではなく、加齢や紫外線、乾燥、ストレスなど外的な要因だけでなく内的要因などさまざまです。

健康的な肌は皮膚の内側の水分量のバランスが保たれているので、ふっくらとしていてハリが維持されています。ところが水分量のバランスが崩れると、肌の弾力が低下してたるみが生じます。

肌の水分量を保つのに大切なのが、肌の内側にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの美容成分です。これらは真皮層の線維芽細胞が作り出すので、この細胞の機能を高めることがたるみ予防にとって重要です。

また、皮膚の中はコラーゲンが網の目状になって腱やじん帯を構成して姿態を維持していますが、紫外線やストレスによって劣化して伸びてしまうと重力に負けて垂れ下がってしまいます。

他にも、表情筋の衰えもたるみの原因です。顔には表情筋が30種類以上あるといわれていて、骨と皮膚を繋いでいます。そのため表情筋が衰えると肌を支える筋肉が萎縮するので、あまり使わない部分はたるんでいきます。

なお、顔の中でたるみが出やすい場所はだいたい決まっていて、口元や目元、目じり、フェイスラインなどです。気になる方は、鏡を斜めから見てチェックしてみてください。

エリシスセンスでたるみにどうアプローチされる?

エリシスセンスは、たるみに対して以下の3つの方法でアプローチします。

・マイクロニードルによる創傷治癒
・熱エネルギーによる引き締め
・薬剤による肌質改善

マイクロニードルを肌に刺すと皮膚は自分で傷を治すために、肌のハリや弾力に欠かせない美容成分の生成を促進します。特にコラーゲンは体の弾力を作り出す大切なタンパク質の1つですので、増えることで肌がしっかりと支えられてたるみが改善されます。

エリシスセンスによるたるみ治療では、マイクロニードルから照射される熱エネルギーが特に有効です。

たるみの原因はコラーゲン繊維が伸びてしまっていることが原因の1つとして考えられます。エリシスセンスは真皮層に熱エネルギーを照射して、伸びたタンパク質を変性させて縮めます。

コラーゲン繊維を直接刺激してお肌を引き締められるので、たるみに対してかなり効果的です。効果には個人差がありますが、施術後すぐにたるみ改善を実感できるでしょう。

さらに、エリシスセンスはドラッグデリバリーシステムでお肌の深部に効果的に有効成分を届けられます。たるみに有効な薬剤を選ぶことで、エリシスセンスの治療効果をさらに高められます。

カウンセリングで医師と相談して薬剤を選べば、エリシスセンスの治療で期待以上の効果を得られるでしょう。

エリシスセンスのたるみへの副作用はある?

エリシスセンスでたるみを治療する場合、副作用はそれ程気にしなくても良いでしょう。

エリシスセンスは最新の美容機器ですので、新しい機能が搭載されているためです。

例えば、その1つが「ダブルショット」です。ダブルショットとは、1回のショットで2つの皮膚層に異なる高周波を照射できる技術のことをいいます。従来機器であるポテンツァの場合、2つの皮膚層に高周波を照射するには最低でも2回ニードルを刺さなければなりませんでした。

エリシスセンスの場合は1回で済むので、皮膚への負担を大きく減らせます。その結果、従来の機器と比べると副作用は発生しにくいです。

ただし、直接ニードルを顔に刺す治療ですので、副作用が全く出ないとはいえません。副作用の症状には個人差がありますが、赤みや腫れ、内出血、熱感、皮膚の剥けなどが起こる可能性があるでしょう。

エリシスセンスのたるみに対する施術間隔や回数は?

エリシスセンスのたるみに対する施術間隔は、1ヶ月に1回程度が目安です。

エリシスセンスの治療ではコラーゲンやエラスチンなどの美容成分の分泌を促進して、たるみをお肌の内部から改善していきます。内側から少しずつ新しいお肌に変わっていくので、短期間で連続的に治療をしても期待通りの効果は得られません。

また、ドラッグデリバリーシステムで薬剤を導入した場合でも、その効果が現れるには少し時間がかかります。そのため、1ヶ月を目安に治療を受けていくのがおすすめです。

たるみを改善させるために必要な治療回数は1~5回程度です。

一般的に治療回数が多ければ多いほど、たるみの改善効果が見られます。ただし、定めるゴールによって回数は変わってくるので、カウンセリングで医師と相談しながら決めていくと良いでしょう。

なお、エリシスセンスは最新技術が搭載された美容機器ですので、1回の治療だけで効果を実感できる場合もあります。

エリシスセンスのたるみ施術のダウンタイムは?

エリシスセンスはダブルショット機能によって肌への負担が小さいので、副作用がほとんどないのが特徴です。

しかし、マイクロニードルを肌に刺す治療ですので、ダウンタイムもある程度は必要でしょう。副作用別のダウンタイムの目安は以下の通りです。

症状ダウンタイムの期間
赤み1~2日
腫れ1~2日
内出血1~2日
化粧のりの悪さ数日から2週間程度
熱感や痒み数日から2週間程度
皮膚の剥け数日から2週間程度

ここで紹介した副作用とダウンタイムはあくまで目安です。しかし、ほとんどの場合、1~2日程度で治まることが多いです。また、酷くなったとしても、数日で治まるでしょう。

ダウンタイムに関しては個人差があるので、気になる場合はクリニックに相談すると安心です。

エリシスセンスのたるみ施術に関する注意点

エリシスセンスのたるみ治療では、いくつか注意点を押さえておかなければなりません。

例えば、施術後はできるだけ皮膚を安静にして刺激を与えないようにしましょう。マイクロニードルを皮膚に刺しているので、お肌はかなり敏感になっています。そのため、施術当日はメイクはできません。

また、洗顔や入浴に関しても、施術後12時間以上は時間を空けるようにしましょう。特にドラッグデリバリーシステムで薬剤を使った場合は、浸透に悪影響を与える恐れがあります。可能であれば、洗顔や入浴は翌日にしてください。

なお、エリシスセンスは以下のような方は治療ができません。

・妊娠中の方
・授乳中の方
・体調が悪い方
・感染症にかかっている方

エリシスセンスのたるみ施術にかかる金額・料金

エリシスセンスの一般的な料金は以下の通りです。

回数施術料金(税込)
1回58,000円
3回174,000円
5回290,000円

エリシスセンスでたるみを改善する場合、1回で効果を実感できれば58,000円で済みます。しかし、回数を重ねてより高い効果を実感したい場合は、174,000~290,000円程度かかるでしょう。

エリシスセンスはマイクロニードルを肌に刺すので、人によっては麻酔を使う方もいます。麻酔はオプションですので、利用する場合は1回当たり3,000円程度プラスでかかるでしょう。

他にも、ドラッグデリバリーシステムを利用する場合も、薬剤の費用がかかります。薬剤に関しては種類によって値段はさまざまです。費用はクリニックによって違うので、カウンセリングで料金を聞いておくと納得して治療を受けられます。

なお、エリシスセンスは最新機器ですので、キャンペーンによって施術料金を割引している場合があります。クリニックによってはかなりお得にエリシスセンスの施術を受けられるので、気になっている方はいくつか探してみてください。