ピコレーザーとは?ビューティスクリニック

シミや肝斑、毛穴の開きなどでお悩みの方は、ピコレーザーというものを聞いたことがあるのではないでしょうか。安心性の高い医療用美肌レーザーで、さまざまな肌トラブルを解消できる機器です。

しかし、機器の特徴や受ける場合の施術の流れ、料金などが気になると思います。そこでこの記事では、ピコレーザーとはどのような特徴があり、どのようにして施術してもらうのかなどを詳しく解説していきます。シミや肝斑でお悩みの方は、参考にしてください。

ピコレーザーとは?

ピコレーザーとは、照射時間の短いレーザーを当ててシミや肝斑などを除去する美肌レーザーです。

従来の機器はナノ秒(10億分の1秒)単位で照射してメラニン色素を破壊していました。しかし、ピコレーザーはピコ秒(1兆ぶんの1秒)単位の速さで照射を行えるので、痛みが少なく色素沈着も起こしにくくできます。さらに肌への負担を小さくできるので、施術後の肌トラブルリスクを軽減も可能です。

また、ピコレーザーは、衝撃波によってメラニン色素を破壊するのが特徴です。

従来は熱エネルギーによって破壊していましたが、肌に負担がかかり限界がありました。ピコレーザーは衝撃波を用いるので、今までよりも細かくメラニン色素の破壊が可能です。また、熱エネルギーではなくピンポイントの衝撃波でシミを除去するので、肌組織へのダメージもほとんど与えずに済みます。

ピコレーザーは他の施術とここが違う

ピコレーザーは従来の施術とは違う点が多々あります。ここではリストでまとめてわかりやすく説明していきますね。

施術レーザー光の長さダメージ施術回数
ピコレーザーピコ秒(1兆分の1秒)衝撃波を使うので、ほどんどダメージがないメラニン色素を小さく粉砕するので、少ない回数で済む
従来の施術ナノ秒(10億分の1秒)熱エネルギーのため、少しあるメラニン色素が残るので、治療に少し時間がかかる

ピコレーザーの大きな特徴は、ピコ秒でレーザーを照射できることです。

従来の照射時間よりもかなり短くなるので、肌への負担を小さくできます。すると、施術中の痛みがなかったり施術後のダウンタイムが短くなったりします。痛みや施術後の赤みや腫れを心配している方でも安心です。

また、ピコレーザーは衝撃波でメラニン色素を粉砕しますが、従来のものよりも小さくできるのも特徴です。そのため、メラニン色素が排出されやすくなるので、治療にかかる時間が短くなり効果も実感しやすくなります。もちろん、治療の回数を減らせるので、クリニックに通う負担も軽減できます。

ピコレーザーはこんな方におすすめ

ピコレーザーは以下のような方におすすめです。

  • 医療用美肌レーザーを利用したい方
  • 痛みがない機器を使いたい方
  • ダウンタイムが短く済ませたい方
  • 早く効果を実感したい方

ピコレーザーは医療用美肌レーザーですので、安心で高い効果が期待できます。何より医師が施術するので、敏感肌やアトピー肌の方でも安心して施術してもらえます。

また熱エネルギーではなく衝撃波によってメラニン色素を除去していくので、ピンポイントで肌への負担が小さいです。そのため、痛みが小さくダウンタイムも短くて済みます。痛みや施術後の炎症に不安がある方でも、安心して利用できます。

肌トラブルを早く解消したいという方にもおすすめです。ピコレーザーはメラニン色素を従来よりも小さくして排出しやすいようにできるので、徹底的に破壊して瞬時にシミや肝斑の除去が可能です。

ピコレーザーの機械の比較表とそれぞれの特徴

ピコレーザーには代表的な機械が5つあります。ここではそれぞれの機械名とパルス幅、波長を紹介していきます。

機械名パルス幅波長
ピコシェア550~750㎰532nm・755nm
ピコウェイ300~450㎰532nm・730nm・1064nm
エンライトンⅢ750~2000㎰532nm・670nm・1064nm
ディスカバリーピコプラス370~450㎰532nm・1064nm・694 nm
スペクトラピコ750㎰1064nm・532nm・595nm・660nm

ピコレーザーにはさまざまな種類があり、クリニックによっても採用している機器が違うでしょう。それぞれの特徴を把握しておけば、自分に合ったものを選びやすくなります。

以下で、それぞれの特徴をさらに詳しく紹介していきます。

ピコシェア

ピコシェアは、サイノシュアー社が開発した機器です。サイノシュアー社といえば、世界で初めてピコ秒レーザーを作った会社です。ピコシェアは歴史ある会社が製造している機器で、しわやシミ、ニキビ跡、タトゥー除去などの分野でFDPの承認を得ています。

また、コラーゲンやエラスチンの生成を促す効果も期待できます。そのため、施術後に肌トラブルになる心配はなく、安心して施術を受けられるでしょう。

ピコウェイ

ピコウェイは、シネロンキャデラ社が製造し、厚生労働省から承認済みの機器です。レーザー会社として有名で、世界的な企業です。

波長や照射方式を変えられるので、局所的な治療ができます。また全ての色調に対応しているので、さまざまな濃さのシミやくすみに効果を発揮します。そのため、美容目的で採用されるケースが多い機器です。

エンライトンⅢ

エンライトンⅢは、シネロンキャデラ社が製造する機器です。何度も改良を重ねていて、厚生労働省からの許可も受けています。主に、シミや肝斑、タトゥー除去などの治療に使用されています。

旧型と比べて搭載された波長が3種類に増えたので、除去できる色素数も増加して大きく濃いシミにも対応可能です。

ディスカバリーピコプラス

ディスカバリーピコプラスは、クアンタ社が製造している機器です。

短いパルス幅での照射ができるので、痛みや肌へのダメージを小さくして治療ができます。また、特徴的なのは、ピコ秒レーザーに加えてルビーレーザーの照射もできることです。それぞれ波長が異なるので、使い分けることでシミやくすみ、タトゥー除去など多くの治療が行えます。

スペクトラピコ

スペクトラピコは、ルートロニック社が製造している機器です。

最大の特徴は、4つの波長を備えているので、ほぼすべての色素を除去できるところです。そのため、さまざまな色素が混じったような、除去が難しいシミであっても除去ができます。

特に青や緑、赤、オレンジ、黄色などに対応できるので、タトゥー除去に最適な機器といわれています。

ピコレーザーの3つの照射モード

ピコレーザーには、以下のような3つの照射モードがあり、使い分けての治療が可能です。

  • ピコトーニング
  • ピコフラクショナル
  • ピコスポット

ここではそれぞれの特徴とどんなときに良いのかについて紹介していきます。

ピコトーニング

ピコトーニングの特徴は、顔全体に弱い出力のレーザーを複数回当てて治療をしていくことです。

高出力のレーザーの場合は肝斑に刺激を与えてしまい、症状が悪くなってしまう可能性がありました。ピコトーニングは低出力のレーザーを使うので、肝斑への刺激を抑えられます。

また、刺激が小さいので、痛みが少なくダウンタイムもほとんど必要ありません。

そのため、お肌への刺激が小さい治療をお望みの方におすすめです。低出力ですので、他のレーザー治療を断られた方でも治療ができる可能性があります。

ピコフラクショナル

ピコフラクショナルの特徴は、高密度のピコレーザーを点状に集中させて照射することです。お肌の深い部分を狙うので、コラーゲンの生産作用を促して新しい皮膚へと入れ替わるようにしていきます。

ニキビや小じわの除去、肌のハリをアップさせるのに有効です。さまざまな美容効果が期待できるので、総合的に肌質を改善したいという方におすすめです。

施術中の痛みやダウンタイムが少ないことも特徴ですが、施術後に稀に赤くなることもあります。それでも1日数日で改善していきます。

ピコスポット

ピコスポットの特徴は、高出力のレーザーを集中的に照射することです。強いレーザーを当てるので肌に少し痛みはあるものの、短い期間でシミやそばかすの除去ができます。ただし、肌へのダメージは少ないので、ダウンタイムはほとんどありません。

顔全体の肌質ではなく、「このシミを取りたい」という時に効果的です。

ピコレーザーの主な効果について

ピコレーザーには、さまざまな効果が期待できます。ここでは主な効果について紹介していきます。

シミ・そばかすの改善

ピコレーザーを使えば、シミやそばかすの除去が可能です。

ピコレーザーはメラニン色素を小さくして排出していきます。シミやそばかすはメラニン色素によってできているので、効果的に除去できます。

個人差はありますが、1~2回の治療で薄くできるでしょう。

肝斑の改善

ピコレーザーは、肝斑の改善も期待できます。

今までは肝斑の除去は簡単ではありませんでしたが、ピコレーザーは波長を変えられるので治療が可能です。低出力のピコトーイングで治療をすれば、少しずつ肝斑を薄くできるでしょう。

ニキビ跡・毛穴の開き改善

ピコレーザーは、ニキビ跡や毛穴の開きにも効果的です。

ニキビ跡はクレーターができているので、通常は簡単には治療ができません。しかし、ピコフラクショナルなら皮膚の再生を促せるので、少しずつ改善ができます。

またコラーゲンの生産を促進できるので、紫外線や加齢によってできた毛穴を引き締めて弾力を取り戻すことも可能です。

タトゥーや刺青の除去

ピコレーザーの大きな特徴は、タトゥーや刺青の除去にも効果があることです。

ピコレーザーはかなり細かい色素でも粉砕できるので、しつこいタトゥーや刺青、アートメイクなども除去できます。

もちろん1回で完全に消すことは難しいでしょう。しかし、何度か照射することで、以前はできなかったタトゥーや刺青の除去が可能です。

赤ら顔の改善

ピコレーザーといえばシミや肝斑の改善ですが、赤ら顔の改善にも有効です。

ピコレーザーは皮膚の深部にもレーザーを到達させられるので、赤みの原因となる真皮内の毛細血管を破壊できます。同時にコラーゲンの生成を促すので、小じわやきめ細やかなお肌に導かれます。

ビューティスクリニックの施術料金表

ピコレーザーを導入している当院で施術を受けるには、どれくらいの費用がかかるのか気になると思います。ここでは以下の通り、3つのコースの施術料金を紹介します。

トーニングフラクショナルトーイング+フラクショナル
通常価格9,900円(税込)16,500円(税込)19,800円(税込)
記念価格6,900円(税込)13,500円(税込)16,800円(税込)

現在、当院は大阪梅田に誕生した記念に、オープニングキャンペーン価格での施術が可能です。かなり魅力的な価格になっているので、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。

ビューティスクリニックの施術の流れ

当院でピコレーザーを受けるには、どのような流れなのか気になりますよね。当院では以下のような流れで施術していきます。

  • お問い合わせ
  • カウンセリング
  • 施術
  • アフターケア

ここでは「お問い合わせ」から「アフターケア」までの流れを紹介していきます。

お問い合わせ

施術をしていただくには、まずはお問い合わせをしていただきご予約を取っていただきます。

当院ではLINEやお電話、予約フォームからカウンセリングの日程の調整が可能です。お電話の場合は11:00~20:00まで受付して頂けます。LINEや予約フォームであれば24時間対応できます。患者様のご都合の良い方法で、お問い合わせください。

カウンセリング

当院ではピコレーザーで施術をする前にカウンセリングを実施し、ゆっくりとご希望やお肌の状況などのお話をさせていただきます。

特に、カウンセリングを実施する事で患者様のお肌の性質や強さを把握できます。一人ひとりに合った治療方法のご提案ができますので、大切な時間です。お肌や施術のお困り事やお悩みの相談も可能ですので、カウンセリングの際にご相談ください。

施術

カウンセリングを基に、患者様に合った方法や出力で治療を進めていきます。もちろん、医師がお肌の状態を確認しながら施術をしていくので、万が一体調不良があったとしても対応できます。

気になる点がある方は、施術中でもお気軽にお声掛けください。

アフターケア

施術が終わった後は、しっかりとアフターケアをさせていただきます。

施術後はお肌に負担をかけているので、お薬を塗布してケアします。また、施術後のケア方法や日常生活の注意点についても説明いたしますので、安心してお過ごしいただけます。

さらに次回の予約や治療間隔の相談も可能です。